<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長介闘病記 -他の病気・・・?-

土曜の午後の病院は意外と空いていました。いつもは午前中に行くのだけれど待合室に入れないぐらい混んでいる時もあるので。

工事はいつものようにリュープリンをチックン。
ここのところ2ヶ月に一回のチックンで治まっていた症状が、今回は2ヶ月もちませんでした。
前回通院時、「春ですから2ヶ月もたないかもしれませんよ。よく注意してみてあげてください」と言われたけれど、ほんとでした~。

そして問題の長介。
触診では何も異常は見当たりません。もしかしてどっかに腫瘍でもあったり?と心配していましたが、触診でそれはみつかりません。
こうなるとあとは一通り検査するしかありません。血液検査とレントゲンを撮っていただきました。
レントゲン結果を見るに、やっぱりどこにも異常はありません。腫瘍なども見当たらず。血液検査の結果も異常なし
かと思いきや、「ただ、一つだけ気になることがあるんです・・・」と・・・(恐)

TPの値が高いのです。詳しい方ならこの時点でピンと来ちゃいますかね(泣)

TPとはトータルプロテインの略で、アルブミン(Alb)とグロブリン(Glob)を足したものということができるそうです。
TP = Alb + Glob
Albは栄養蛋白、まさに栄養であり、Globは免疫蛋白、つまり抗体です。
検査結果より、TPは8.2、Albは3.3でした。
(ちなみに基準値は、TP:5.1~7.4、Alb:2.6~3.8です。)
ということは、Globは4.9ということです。
そうです、このGlobの値が高いのです。言い換えると、どういうわけか抗体がたくさん作られているんです。
何故に抗体がたくさん作られているのか⇒ 闘うべき敵が、身体にいるからです。
つまり感染症にかかっている可能性がある、というわけです。

そして、一つの感染症に的が絞られました。「アリューシャン病」です。

そ、そ、そうくるか・・・

予想外の展開にびっくりです。
もしかして腫瘍とかがあったりするのかな?とか、そういうことは想定していましたが、
この病気は想定外。

アリューシャン病とは、
色々なサイトで詳しく説明がなされているので、ここでは簡単にいいますが(詳しく知りたい方は調べてくださいね)、
----------
ウィルス性の伝染病で、長きに渡り体内に存在し続けます。体はこのウィルスと戦うために多くの抗体を作りますが、役に立たず、逆に過剰に作られた役に立たない抗体が、体に有害となり、様々な反応を引き起こします。
感染していても無症状の場合もあり、症状の発病のきっかけは解明されていません。
症状は体重減少や、衰弱、咳、四肢の麻痺etc・・・。
また、ウィルス性の感染症なわけで、他のフェレットにうつす可能性がないとは言い切れません。
----------

更に恐ろしいことに。
長介はインスリノーマです。以前から書いているようにステロイドを飲んでいます。
ステロイドは、抗体が作られるのを抑える働きがあるので、Globは下がるのが普通です。
にもかかわらず、長介のGlob値は高い。
つまり、ステロイドを飲んでいるからこの値で保てている、
ステロイドを止めたらもっと高くなる可能性を秘めていると言うわけなのです。
※アリューシャン病の治療にもステロイドを使用するそうです。Globを下げる為に・・・

とはいえ、まだ決まったわけではありません。
しっかりとした検査が必要です。
再度血液を採取し、検査センターに送ってもらうことになりました。
今週中には結果が出るとのことで、分かり次第電話を頂くことになりました。

早速帰ってアリューシャンを検索してみると、
あ、、あ、あ、あ、、、
後ろ足、たまに突っ張ります・・・こういの、麻痺の前兆だったりするんだろうか・・・
だいぶ前から足が突っ張ることがあったのに、体力低下のせい、という言葉に惑わされ納得していた。
何でもっと早く疑ってこの病気に行き当たることが出来なかったんだろう・・・

とはいえ後悔ばっかりしていても意味はなし!
とにかく結果を待って、最善の策を取れるべく頑張るしかない。
一緒に頑張るぞ!長介さん(>_<)/
[PR]
by chou_n | 2007-03-29 10:37 | 長介闘病記

長介闘病記 -疑惑・セカオピをもらいに-

これから先、長介の病気について書くことも増えそうなので、
長介闘病記カテゴリを作って、まとめていくことにしました。
フェレット飼いさんではない方には??でしょうけれど、
よろしくお願いいたします。

先日の投稿より、ショックなことが連続しています。

20日の通院では、思った通り更に痩せていました。560g・・・。
血糖値は76。前回に比べ上昇したけれど、これは体重が減少したせいで、体重に対する薬の割合が増えたからだろうとのこと。さらに体重減少について先生は、「とにかくもっと食べさせろ、ステロイドを飲んでいるせいで、糖の生成に食べた栄養を使ってしまって、結果、体を維持するための栄養が足らなくなってしまっているんだ」と・・・。

でもさ、、さすがに痩せすぎじゃない?
ほんとにステロイドのせい?ほんとにそれだけ??
日々色々な方のHPやブログ、掲示板などで、同じような病気と闘っている子たち状況を見せてもらっているけれど、突然こんなに痩せちゃった子っていたか??
先生を信じてないわけじゃないけれど、検査もせず、薬のせいと決め付けていいんだろうか、他に疑うべきことってないんだろうか?
次は20日後に通院するよう言われたけど、この状況下での20日って結構リスキーだよ?!

こうなってくると、もう居てもたっても居られない・・・
どんどん落ちていく体重をみながら、20日間もボーっとなんてしていられないよ・・・

早速、工事がお世話になっている川崎の有名病院へ電話をかけてみた。現状を話し、体力が低下している長介を長距離車に乗せて連れていく意味があるかどうか相談するために・・・。
ちょうど週末、工事が通院予定だったので。

※ここでこんな疑問を持たれた方、
「なんで、地元の主治医にその意見をぶつけないのか?」と・・・
簡単に言ってしまうと「先生に意見することが難しいから」であって、これ以上語ると愚痴交じりになってしまいそうなので、後日ゆっくりと・・・


先生は親身になって話を聞いてくれた。
そして、たくさんのフェレットを診ているけれど、未だかつて長介のように、ステロイドのせいで激ヤセした子はいない。
確かに薬のせいで糖を作るのに栄養を使うという理論に間違いはないけれど、他の病気を疑うべきかもしれない。
さらに、何度か長介のことも診ているけれど、その体重はもう限界値と言ってよく、早く何らかの手をうたなければいけないと。

そんなわけで、3/24(土)午後、二人を連れて川崎まで行って来ました。
いや~さすがは土曜の午後、4時間弱もかかってしまいました(涙)

いつも溜め書きするからダラダラ長くなっちゃうんだな~。
すいません、続きはまた明日・・・
[PR]
by chou_n | 2007-03-28 00:57 | 長介闘病記

長介闘病記 -インスリノーマその2-

あれからだいぶ日が経ってしまいました。
13日の記録が最後でしたね。

その後、2/21に通院し検査をしたのですが、薬を増やしたにもかかわらず血糖値は思うようにあがらず46。(ちなみにGPT97、ALP130)
まだ不安な数値とのことで、またまた薬が増えました。
朝晩、晩、朝晩、晩というリズムでステロイド(プレドニン)。
薬が増えて肝臓に負担がかかるとのことで、朝晩に強肝剤。
(さらに、もともと心臓が悪いので血管拡張剤を晩に飲んでいます)
最近はホントに電池切れが早くなって、放牧してもちょっと遊んで寝てしまいます。悲しい・・・

さらにその後、3/6に通院。薬も増えたし、電池切れまでの時間もかなり長くなったし、血糖値上昇か!と期待と不安いっぱいで受けた検査、全く変化無しの血糖値46(ちなみにGPT92、ALP136)
なぜに上がらぬ血糖値・・・
更にショックなのは体重が一割も減って630gになってしまったこと。
先生曰く、ステロイドを飲んでいるせいで、食べても食べても糖を作ることに栄養が取られてしまって、体の維持が出来なくなってる、とのことでした。
ほんと、抱っこしても軽くて軽くて・・・
ということで、この日から、朝晩ウォルサムの高栄養・免疫サポートをあげはじめました。

そして今日、これから通院です。
抱っこした感じは更に軽くなったような・・・不安で一杯です。

日々、もっと私に出来ることはないのかな。。と考え中。
先生には「薬以外で私にできることはないですか?」「何か気をつけることないですか?」と真面目に聞いたのに、笑われる始末。これ、結構傷ついた(涙)
(はなからインスリはもって1年と考えている先生なので・・・)

どうしたらよかっぺ?私・・・
何か有効と思われる術をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非わたくしにアドバイスを・・・

そうそう、今まで仕事をしていた私ですが、4月で退職することにしました。
4月からは、動物達のお世話をする時間も、皆様のブログにお邪魔する時間も、自分のブログを書く時間も、石けんを作る時間も増えそうです。

f0057866_14383178.jpg
ザブザブ

f0057866_14334339.jpg
ブハ~っ

[PR]
by chou_n | 2007-03-20 14:41 | 長介闘病記

味噌仕込み

味噌仕込み。
大豆1kg、米こうじ1kg、粗塩450g
[PR]
by chou_n | 2007-03-03 19:00 | People