<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

実家へ行ったら・・?

なんだか更新が滞ってしまった・・・
月日の経つのは早くてびっくりしてしまいます。

金曜日は仕事を休んで、昨日まで実家に帰っていました。
毎月一度、神奈川県川崎の動物病院へフェレットの工事を連れて通院しています。
この病院の先生はフェレットについてとっても詳しいので、遠くて大変なのだけど診ていただいています。
茨城県ひたちなか市~神奈川県川崎を一人往復するのはけっこう疲れるので、
いつもは金曜の夜中、ETCの早朝夜間割を利用して東京の外れにある実家へ帰り、次の日の朝から川崎のこの病院へ通院し茨城へ帰る、というバタバタした動きをしているのですが、
今回は、金曜にだんなさんが東京に行く用事があったので、交通費節約のためにも、金曜に一緒に帰りました。
ということで、人間2人、フェレット3匹、犬1匹での帰省です。

f0057866_172814.jpg実家にはシーズのポポがいます。USHIと仲良くできるかなーと、ちょっと心配していましたが、なんのことはない、ポポはUSHIにびくびく、USHIはポポを無視です。。
我が物顔で歩くUSHIにびくびくして、おやつをもらうにしても、帰ってきたお父さんに駆け寄るにしても、一手遅れてしまうポポがちょっとかわいそうでした(~_~;)


f0057866_0314071.jpg土曜は時間があったので、両親と、実家の犬(ポポ)と、私、USHIで東京都立川市にある昭和記念公園へ行ってきました。(↓ポポさん、かなりお疲れのご様子・・・)
f0057866_0342243.jpg

桜もちらほら咲き始めて、春を実感!
f0057866_0354198.jpg

それはさておき、
USHIさんはどういうわけか、実家でおPっこ&うんPのオンパレードです。
我が家の場合、家でのおPっこは多くて2度、うんPなんてこの2ヶ月したことがありません。
ところがどういうわけか、実家ではとにかくしまくりなのです。
数え切れないぐらいの数のおPっこ漏らしをやらかしてくれました。それにうんPも3回も!

我が家ではやっとこ最近家でもできるようになってきたレベルなので、慣れない実家ではまずすることはないだろうと思っていたのに・・・
どういうわけでしょう・・・
おPっこの一回量が少ないので、マーキング??
ポポの臭いがついた実家で自分も臭い付けをしたくなったのかな?
[PR]
by chou_n | 2006-03-27 00:45 | Dog

親の心、子知らず

USHIが何かを見つめて、とても怯えています。。

f0057866_18143548.jpg


f0057866_18145541.jpg


何がそんなに怖いのか・・・
f0057866_18151817.jpg


見つめる先には・・・?

f0057866_1815305.jpg


f0057866_18154595.jpg


今買ってきたばかりのUSHI用ベッド。

f0057866_1816487.jpg

せっかく買ってきたのに・・・


喜んでこのベッドで眠るUSHIを想像して買ってきたのに、
怖がって、当分近づいてくれそうにありません。
親の心、子知らずとはこのことですな(-_-;)
[PR]
by chou_n | 2006-03-18 20:34 | Dog

鰹本節を・・・

削り節ではなくて、一本の鰹本節、家庭で削って使ったことはありますか?
f0057866_21441443.jpg

こんなやつ(カビないように、真空パックにしてみました)

たまたま職場で話題に上り、「小さい頃は、よく削らされたんだよなぁ~」なんて人もちらほら。
私の家では登場したことがなかったので(常に削り節でしたよ)、
「香りがいいんだろうな~」(~o~)
「さぞかしおいしい煮物ができるんだろうな~」(~_~)
と夢膨らみ、先日の土曜日、海産物の問屋さんへ買いに行ってきました!(^O^)/

結構高いと聞いていたけれど、こちらのお店では1Kg¥3000でした。
1Kgって、だいたい上の写真の本節が5本ぐらい。

削り器は、だんなさんの実家からもらえることになり、今週の土曜日に旅行がてら義父母が持ってきてくれることに。

あー、、早く削ってみたいな~
おいしいんだろうな~

毎日本節を眺めて楽しみにしていました。

な、な、なのに・・・
仕事から帰ってみたら・・・・・

あの散乱しているビニールはなんだろう?

???

あ、あ、あ゛ーーーー

USHIさん、今日は本節を一本丸々召し上がったようでございます。
私より先に、、、食べちゃったのね・・・
さぞおいしかったんだろうねぇ・・・ずるいな・・・
f0057866_22472513.jpg

本節、結構いけたわよ!
[PR]
by chou_n | 2006-03-16 22:56 | Dog

トイレができた!

今日、USHIがきちんとペットシーツの上でおPっこしました!!
家へ来て1ヶ月半でのありがたい出来事です。

もともとUSHIは家の中でトイレをしない子でした。今後も家の中で暮らしてもらうつもりでしたので(所有権の問題で、たぶんあと5ヶ月は避妊手術が出来ないし、、ペット可住宅に引越したらマンション暮らしになりそうだし・・・)、常々家でもできるようになってほしいなぁ~と思っていました。、仕事の帰りが遅くなった時(めったにないですが・・)など、ずっと我慢するのは悲惨ですし。
そんなわけで、ちょっとずつUSHIにおPっこについて考えてもらっていました。

一応ペットシーツは引いてみたものの(小型犬が使うような、小さなやつですが・・・)、
全くする気配がなく・・・
USHIには悪いと思ったのですが、夜いつもの時間に散歩に連れて行かず、
一度家でお漏らししてもらったのです。(もちろん、ペットシーツの上ではありません・・・)
そして、お漏らしした時、ここぞとばかりに褒めまくりました!!
「そうそう、家でおPっこしていいんだよ~!!」と言って、ムツゴロウさんばりに。
これがうちに来て2週間目ぐらいのことです。

その後は、ことある毎にペットシーツをトントンしながら、「ここでおしっこするんだよ!」と
言い聞かせました。(理解してるのかどうかはわかりませんが・・・)
すると、リードでトイレ付近につないでいたある時、見事ペットシーツの上でのおPっこに
成功したのです!(あの小さな小型犬用のペットシーツに見事的中です!)
たまたま的中したのかもしれませんが、そのたまたまを活かすべく、またベタ褒めしました。



今まさにしていることを褒める方法として、我が家ではまさにしている時に舌を鳴らすようにしています(舌がなるといいことがおきる、というのは教育済み)。この時も、まさにおPっこしている時に舌を鳴らして”今褒めてるんだよ!!”ということを伝え、おPっこが終わってからご褒美のおやつを上げました。

犬は、うれしいこと(今回のうれしいことは、「おやつをGetできた!」)がおきた時、そのうれしいことを起こす原因となった行動(今回はおしPっこ)をきちんと覚えていくんだそうです。舌を鳴らすのは、その「うれしいことを起こす原因となった行動」を明確にするためです。


その後、何度かトイレではない場所でおPっこしてしまったりもしたのですが、怒ったりはせず無言で片付けます。もちろんおやつもあげません。
ここでUSHIは考えます(たぶん)。
「なんでこの前はおしっこしておやつをもらえたのに、今日はもらえないんだろう?」

何日かすると、USHIが夜おPっこをする時間が決まっていることがわかってきたので、
その時間になったらリードでトイレ近くにつなぐようにしました。つなぐと直ぐにトイレで
おPっこします。うっかりしてつなぐのを忘れると、シーツ以外のところでしてしまいます。
もちろん、褒めてご褒美をあげるのは、トイレでしたときだけです。
ここでまたもUSHIは考えます(きっと)
「もしかして?ここでした時だけもらえるの?」

こんな日が続き、今日、初めてつながなくてもトイレでおPっこすることができました!
か、か、感動・・・(T_T)
さらに、家でおPっこすることにすっかり抵抗がなくなったようで、朝・夕・夜の散歩時シッコ(一日3回)から比べ、回数が増えました。つまり我慢してたってことなのかな。

正直、本当にトイレ以外のところでおPっこしてしまったときに怒らなくていいのか、かなり不安でした。
私が最初に犬を飼い始めた20年程前は、トイレの躾といったら、
「失敗したら、間違った場所に鼻を押し付けて怒る」
というのが一般的で、飼育本にもそのように書かれていました。なので、リキもそのように躾をし、無事トイレを覚えた、という経験があります。

しかし、今回は怒らなくてもトイレを覚えることが出来た!これは私にとってもUSHIにとっても本当にうれしい出来事です。
[PR]
by chou_n | 2006-03-15 01:26 | Dog

香りの好み

私は趣味でアロマテラピーや石けん作り、化粧品作りをする関係で、
色々なエッセンシャルオイルが棚に並んでいます。
USHIさんがその棚付近で、鼻をくんくんしている姿をよく見かけるので、
好きな香りがあるのかな~?と思い立ち、ビンのふたを開け、遠くからそっと嗅いでいただきました。

  • ゼラニウム・・・クンクンしてみたものの、あまり好きではないらしく、執着無し。

  • レモン・・・クンクンしたとたん、数回激しくくしゃみ!好きではない香りだったよう。

  • ローズウッド・・・クンクンしまくり。ビンを遠ざけても遠ざけても深追いしてきます。
             舐めそうな勢いです。どうやらかなり好きな香りのよう。

  • (念のため:エッセンシャルオイルを直接舐めるのはとてもとても危険なことですので、ご注意を!)

なるほど~。かなりはっきりと好みが分かれるよう。

リラックスを促す為にも、USHIさんが好きと思われるローズウッドをほんの少しアロマポットにたらして芳香浴してみていただきました。

どうかな?少しはリラックスできてるかな?
f0057866_22215010.jpg

だんなさんの膝の上でまったり~

[PR]
by chou_n | 2006-03-08 22:24 | Dog

私のうれしい変化!

これ、かなり私事で恐縮なのですが、USHIさんのお陰で私にうれしい変化が訪れました☆

結婚前、東京に住んでいたころは(実家が東京なので)電車通勤だったので、なんだかんだ歩くこともちょっとはあったのだけど、茨城に引っ越してきてからの私といえば、車通勤なこともあって、とにかく歩く機会がない!!ちょっとソコまででも車に乗ってしまう・・・
一日200歩ぐらいしか歩いてないんじゃ・・って思っちゃうぐらいでした。
ところがUSHIさんと出会ってからは、ほら、散歩するようになったでしょ?
朝晩それぞれ30分ぐらい歩いているわけで・・・
そんな日々が1ヶ月以上経ったわけで・・・

そしたらそしたら!私のウエスト!なななんとくびれが!!(*^_^*)
(と言ってもほんのちょっとですけどね・・・)
微細ながらもなんともうれしい変化・・・
ありがとうUSHIさん、あなたのお陰です。m(__)m
f0057866_2132458.jpg

え?何?あたしのお陰??

そうそう、散歩といえば・・・
私は中学生の頃から腰痛持ちで(ぎっくり腰になったんですよ、若くして・・・)、常に病院で
「筋肉をつけなさい!」と言われ続けてきました。
せっかく散歩の習慣ができてきたことだし、このウォーキングを最大限に活かし、筋肉アップを図ろう!と、ウォーキングシューズなるものを購入してみました~!(^o^)丿気合十分☆
http://www.rosio.com/
このシューズ、かかとがないせいで、自然と正しい歩き方が出来る上、腰や下肢の筋肉がばっちり鍛えられると謳われているお品です。(ホントかな~)
履き始めて一週間ちょっと。まだ目立った変化はありませんが、これで筋肉がついて腰痛が治ったうれしいな~☆先が楽しみです。
(でもふくらはぎとかまで筋肉隆々になったら・・・ちょっと、、、困るかも・・・)
 
[PR]
by chou_n | 2006-03-07 21:35 | People

リキの命日~ペットロス~

私は8歳の時に初めて犬を飼いました。
それまで捨て犬を拾って帰ることは多々ありましたが、親は許してくれず・・・
妹と日々のお小遣いやお年玉などを必死に貯め、念願叶ってのお迎えでした。
ペットショップで6ヶ月を過ぎ、値下げされていたマルチーズです。
リキと名付けました。
私も妹もまだ小さかったので、飼い主というよりは兄弟のように暮らし、親も子供が一人増えた、といった感じでした。(私がリキと呼ばれたり、リキを私の名で呼んだり・・・)

正直、これといって健康に気を使い育てたわけではありません。
しかしながら健康に長生きし、年々頑固おじいさんになっていきました。
15歳を迎えた時には、なんだか表彰されたりもしたんですよ!
そして、3年前の今日、18歳を目前に亡くなりました。

家族の落胆ぶりは本当に激しく、特に母のショックはひどいものでした。
亡くなる前数ヶ月間リキは寝たきり状態で、母がほぼ付っきりで看病していました。
母の生活が全てリキ時間で流れていたせいもあり、リキが居なくなったことによる心の穴は想像できないぐらい大きなものとなってしまいました。
リキの写真を見ては泣き、散歩する犬を見ては泣く毎日・・・

父はベランダから空を見上げ「空がリキに感じるなぁ」と言い、
それを聞いた妹が「わかる!私は風がリキに感じることがある!」なんて言ったりもします。
普通に聞いたらちょっとヤバイ会話ですよね・・・(-_-;)

私はというと、リキが亡くなった時には既に結婚して家を出ていたので、
一緒には暮らしていませんでした。
亡くなる2日前には会いに帰り、その容態は理解していたつもりでしたが、
リキの訃報を聞いてもどうしても亡くなったことを実感できませんでした。
また帰ったらしっぽフリフリ駆け寄ってくるような気がして・・・


あれから今日で3年が経ちました。

そして今日、やっと納骨することが出来ました。

実は、、この3年、親妹は納骨できずにいました。
毎年命日が近づく度に、納骨を決心しようと努力はしていたのですが、
リキが寂しがるんじゃないか、と言って涙し、どうしてもできませんでした。
きちんと納骨して供養してもらった方がいいのではないかと解ってはいるのに・・・。

ダイニングテーブルの上に座らせて、毎日ごはんと牛乳を欠かさずあげていました。
妹は寝るときになると骨壷連れて一緒に寝たりもしていました。

ちょっとおかしく思われそうな(十分おかしいか・・・)私の家族ですが、つまりこれは、私たち自身も想像できないぐらい、リキがみんなに与えていた影響が大きかったということの表れだと思うのです。あんなに小さな体でもその存在感は格別大きかったのです。
リキが居た頃は本気で喧嘩ばかりして(妹なんて噛み返しますから~!)、「むかつく犬~!!キィィ~!!」と思っていたのに、亡くなってみると、気づかないうちにリキからは家族全員が沢山の幸せをもらっていたんだなぁと実感します。本当に家族そのものだったのだと思います。

今実家にはシーズーのポポが居ます。リキが亡くなって半年程でお迎えしました。
母も父も毎日暗く落ち込んだ生活をしていたので、見るに見かねて無理やりペットショップへ連れて行ってお見合いさせたのです。
もう飼わない!リキがかわいそうだから!また亡くなることを考えたら辛いから!と、散々抵抗されましたが、結局お迎えすることになり、今に至ります。
リキを忘れるわけではない、ポポはリキの替りではない、リキとポポ、二匹と暮らしているのです。あの時無理やりにでもお迎えしてよかったのだと思っています。

確かに、私も一緒に暮らすこの子達が亡くなることを想像すると、それだけで涙が出るほど悲しいです。ペットロスの辛さも痛いほどわかっています。
でも、それでいいのだと思っています。
ペットをお迎えするなら、その覚悟をもって、また、亡くなった時涙をたくさん流して落ち込めるぐらい愛情を注いで暮らしたい。

りきく~ん!元気にしてますか?
私達のうち、誰が一番にリキを迎えに行くかはわからないけど、それまでちゃんと待ってておくれよ!
また会えるの、楽しみにしてるんだから☆
[PR]
by chou_n | 2006-03-02 22:28 | Dog

ふせができた!

今日、USHIさんがふせを覚えました☆
おやつの水菜をご褒美に、何度か足の下をくぐらせふせをさせていたら
できるようになりました☆
うへへ(*^_^*)

f0057866_0381268.jpg

だんなさんにお古のネクタイをもらって喜んでいる様子のUSHIさん

[PR]
by chou_n | 2006-03-02 00:44 | Dog

一ヶ月が経って・・・

USHIが来て、あっという間に一ヶ月が経ちました。本当にあっという間だった~。
結局飼い主さんが現れる気配はなく、私の中で、すっかりUSHIは家族の一員です。
USHIはどう思ってくれてるのかな。

一ヶ月が経って、わかったことをまとめておくと・・・

◎好きなもの・こと

 ・食べれるもの
  今まであげたもの(盗み食いしたもの含む・・・)で食べなかったものはありません。
  白飯・おかゆ・いちご・文旦・キャベツの芯・ほうれん草・にんじんなどなど・・・
  全て味付け無しですが、常によだれダラダラボタボタで、幸せそうに食べます。

 ・添い寝・抱っこ
  とにかく人にぴたっと張り付くのが好きです。いすに座っていてもあの大きな体で
  乗っかってきて抱っこされたがります。
  私のお昼寝中は腕枕したがります。

 ・ストーブ・こたつ
  熱風がガンガンあたるところに寝るのが好きなようです。
  こたつにももぐって寝たがります。

 ・ボール
  喜んで追いかけます。

×嫌いなもの・こと

 ・足を触られること
  以前何があったのかはわかりませんが、足をちょっと触るととてもビクつきます。
  嫌がって暴れるわけではなく、全身でぴくんとします。
  手先にやけどのような傷があるので、昔痛い思いをしたことがあるのかも。

 ・爪きり
  爪切りを持ち出すと、とても嫌がって逃げていきます。痛い思いをしたことがあるのかな。
  足先をそっと触って「怖くないんだよ~」作戦決行中です。

 ・足拭き
  散歩のあとの足拭きも嫌いです。
  こうやって見ると、やっぱり足を触られるのが好きじゃないんだなー。

 ・大きな物体・音
  散歩中に見かける大きなものにはかなり警戒し、へっぴり腰になります。
  例えば、大きなパイプやタイヤなど。
  工事現場のフェンスが風で「バイーン」と鳴ったときも、かなり驚いていました。
  この臆病ぶりを見ると、もしかして何かの大きな音(雷とか花火とか)にびっくりして
  家を飛び出してきたのかも?、、なんて思ったりもします。

 ・高いところ
  だんなさんが抱っこして立ち上がると、ぴたっと動かなくなります。
  きっと怖いのだろうと思います。

少しずつですが、この子がどんな子なのかわかってきたような気がします。
まだまだ新発見だらけの日々、毎日新鮮で楽しいです☆
[PR]
by chou_n | 2006-03-01 00:15 | Dog